1月, 2017年

中年人性愛はこの前立腺肥大8つの懸念があります

2017-01-23

更年期前後の夫婦、性愛生活は密かに変化が起きている.偶然に1つの2つの仕事の生活は成功しないため、彼らは自分の古いことを連想して,駄目になって,できないで、性に対して1種の畏怖を恐れます.また、妻が不足しているため、性愛が悪く、諦めたくなりません.アメリカ《女性の親友》雑誌は中年女性に対してよく心配する8つの懸念が指導する.

1 . 1 .は性愛が要らなくて、性愛を必要としません.出産後、多くの人が子供の世話などが原因を見落とした性愛が、女性性の専門家卡梅拉?塞巴斯汀性愛刺激は、血液循環、新陳代謝を促進して、持って人に満足感や喜びも、健康の重要な構成部分で、盲に杖.

太れ後の女は男性の欲望をかき立てせない.男性は女性の体を見た後、通常反応は腹部贅肉または脂肪団ではなく裸.そのため、女性は卑屈にならなくて、あなたのユーモア感、豊富な経験が体の欠陥を補うことができるために体の欠陥を補うことができます.

さん.に入る囲経閉期、体は喪失性機能.閉経前のいくつかの変化、月経不順、情動・膣足りない潤滑など確かに影響性生活、しかし塞巴斯汀と性生活を避けるために、もっと悪くなるだけ状況.滑剤、バイブレーター、新性愛体位、オナニーなど、この時期を過ごしてもいいです.

に疲れて性愛たくありません.長期疲れ果てます確かに低下性欲が、性教育の専門家莫林?麦克格拉斯表示、見つけるの疲れの原因をチェックしてみて、甲状腺やテスト貧血状況.また、一日後にして性愛を思い出し、時間をエネルギッシュ午前に調節できます.

には避妊が必要なのか、避妊が必要なのか.塞巴斯汀表示、女性を排卵時間判定が難しいが、血液中の促進卵胞ホルモンレベル判定されるが、このホルモンよく波動、2度測定の根本には説明できない問題.新しい関係を始めたら、もっとコンドームを使うのが必要です.友達が過去の性経験はあなたが理解しないのです.

リビドー6 .性欲は年齢の増加につれて低下していく.状況はまさしく逆に.麦克格拉斯によると、若い女性が妊娠ホルモンのレベルの変化や授乳の需要、性欲より下がりやすい.40歳後には性愛に興味を持って、体には無問題になります.また、リビドーと夫婦間のコミュニケーション能力と、従来の性愛が関係について.まず現在の性生活は需要を満たして、それからまた性欲に属していないかどうかを判断する.

に従って、年齢が増大につれ,前立腺肥大、性の刺激はもう役に立たない.年齢のせいか、あなたはこれらの常套の技に慣れて、興味を失ってしまった.情愛ビデオ、本指導書を買って新しいアイデアを試みて.違う刺激によって違う日付と違う段階であなたの異なる感じをもたらす.

以前は高潮がなかったが、今は遅すぎる.塞巴斯汀>

Copyright© 2012-2013 前立腺肥大症|原因と症状について All Rights Reserved.