男の前立腺肥大症

「前立腺」とは、男性のみに存在する生殖器の事で、膀胱の真下にあり、尿道を取り囲むかたちで存在しています。通常は、クルミほどの大きさです。
また、「前立腺肥大症」が言えないという現象に、レビトラ自分自身が執着していたことにも^付かされ ました。その現象を例えば転職する時の言い訳にしていた可能性もあります。確かにこれまで、言葉が 出ないのが辛くて転職してきたのですが、逆から見れば、だから辞められたのだとも言えます。あるか意味病気をうまい具合に使っていたのかも知れません。病の時には気付けませんでしたが、それに気付いた瞬間、てることができました。すると、自分の心と^が繫がったような気がして、牛まれ変わった ような感覚になり、さらに快調になっていきました。
その後、私は緑あって出版社へと転職しました。ある意味、前立腺肥大症の人生にかかわる悄報を、 商品として扱っているとも言えます。私は真我を自覚したことで本当にいい商品とは何か、命のの価値を高める商品とは何かを見極める目が養われました。
その視点で、本当にお客様にとって必要な商品を自ら会社へ提案して、それが実際に映像ソフトとして 発売されるまでになりました。これからは、その商品が足がかりとなって、新規ビジネスも立ち卜-がっていきます。

Copyright© 2012-2013 前立腺肥大症|原因と症状について All Rights Reserved.