前立腺肥大症の原因について

男性は中年になってきますと、排尿に問題が出てくる人がいます。50代を過ぎたころから始まり原因は前立腺による尿道の圧迫が原因になっています。
前立腺は膀胱のすぐ下にあって、その中央を尿道が通っています。年齢と共に前立腺が肥大してきて尿道が圧迫されてそのような現象が起きます。
正常な前立腺の大きさはクルミぐらいの大きさで、肥大していきますとみかんぐらいになると言われています。
前立腺が肥大する主な原因で明確に分かっていることは、加齢です。50代ぐらいから前立腺肥大が始まり、約30%の男性に肥大が見られます。80代では90%の男性が前立腺肥大になっています。早漏
前立腺肥大のその他の原因にメタボリックなどの成人病が大きく影響していることも分かっています。高血圧や肥満の人は前立腺肥大になる速さが加速します。
性的能力が必要でなくなった年齢の男性の前立腺は、その後役目が無いので縮小するか肥大するかのどちらかになります。
またもうひとつの原因は豊富な生活資料に関します。栄養状態の良くない時代には、ほとんどの男性が加齢と共に前立腺は縮小していましたが、栄養状態が良くなった現在では加齢と共に肥大するようになっています。
前立腺が肥大しますと、その中を尿道が通っていますので当然圧力を受けて何らかの症状が誰でも出てきます。
多い症状では、尿の出が悪くなる事がありますカテゴリー:  

トラックバックURL

-->
Copyright© 2012-2013 前立腺肥大症|原因と症状について All Rights Reserved.