前立腺肥大について

膀胱の下にある前立腺が肥大して、尿道を圧迫し、排尿障害を起こす病気です。
前立腺肥大その時、私は心のなかで「あっ!」と声をあげました。レビトラ自分は命としてひとつだったということと、地 球から中まれた、地球としてひとつなんだということに気がついたのです。命と§は、ひとつでした。 レビトラ命はひとつ、皆他人ではないん皆に支えられて生きてるんだと、さらに感謝の気持ちが漢いていきました。
執着をて、さらに快調に受診がを終えた帰り道では、周りの人が前立腺肥大とは思えず、すれ違う人全員に、ありがとう、ありがとうと い之!^ちが出てきました。帰宅して妻の顔を見たとき、私は妻への接し方を、根本から変えなくてはい けないと思いました。
まずは、妻に対する感謝の気持ちを綴った紙を渡しました。その行動は気味悪るがられて、受け入れて はもらえませんでした。しかし、妻の能態度はすぐに変化していきました。それまでは食亊も別々だったの が、同じテ—ブルで食事してくれるようになり、買い物なども一緒に行ってくれるようになったのです。
私には、本当の意味で、真我という命に対する確信が生まれていました。これまでは、感謝が足りなか ったのです。ありがとう、と思ってはいても、心の底からの、本当の感謝ではなかったのでしよう。だか ら「ありがとうございます」の言葉が出なかったのだと感じました。

Copyright© 2012-2013 前立腺肥大症|原因と症状について All Rights Reserved.