前立腺肥大症って?

前立腺の役割は、精液を分泌し、精液は精子を包み込んで外敵から守り、子宮へ送り届けることです。また、精子に栄養やエネルギーを与え、動きを活発にする働きもあります。前立腺は年を取るにつれて、誰でも大きくなってきます。クリの実程度だったのが鶏卵ぐらいになり、中にはリンゴ大になる人もいます。このため尿道が圧迫されて、排尿困難や頻尿などの症状を引き起こすようになります。これが前立腺肥大症といいます。
前立腺肥大症は3期の症状があります。
第1病期(膀胱刺激期)
夜間にトイレに行く回数が多くなる、尿の勢いがない、尿がすぐ出ない、少ししか出ない、時間がかかる(排尿障害)などの症状が出てきます。
第2病期(残尿発生期)
尿をした後もすっきりとせず残っているような感じがする(残尿感)といった症状が出てきます。
第3病期(慢性尿閉期)
昼夜を問わずトイレに行く回数が増えて、排尿にかかる時間が長くなり、一回の排尿に数分かかるようになります。時には尿が全く出なくなってしまうこともあります(尿閉)。
前立腺肥大症は高血圧と高血糖のような脂質異常症、メタボリック症候群との関係があります。野菜、穀物、大豆などに含まれるイソフラボノイドに前立腺肥大症の発症抑制効果があるとされています。ここで強調したいのは、前立腺肥大症治療薬をレビトラと併用したいときはまずお医者さんとご相談ください。また、男性ホルモンの働きが関係していることは間違いなく、中高年以降に男性ホルモンを含む性ホルモン環境の変化が起こることにより、発症すると考えられています。

オススメサイト

レビトラ10mgと20mgの違いをご紹介

女性媚薬絶對高潮通販サイト

Copyright© 2012-2013 前立腺肥大症|原因と症状について All Rights Reserved.